会社概要・沿革・案内図

ご挨拶

私達、「21世紀の家」は、私も含めてスタッフは5名です。お客様のプランニング、施工現場の管理、業者との打ち合わせ、すべて5人で行っています。お客様に「少しでも安くていい家」を提供できるよう、力を合わせて頑張っています。
余分なコストはかけない、かけるんだったらお客様に満足して頂く為に使う、住宅づくりに関してはどこにも負けないを合言葉に、健康で安心して暮らせる住まいづくりを目指します。
代表取締役 花田 初男

当社では、早くから住まいの地震対策として、耐震工法を取り入れてきました。建築用金物を用いて、建物の剛性を高め、建物全体を丈夫に造り込む工法です。ですから、大地震が来ても、建物の倒壊をまぬがれる事が出来る様な構造になっています。つまり、倒壊はしないので「人命を守る」という事においては、今の木造軸組み工法は最良の方法と言えましょう。しかし、よく考えてみますとそれだけでは満足してはいけない事に気がつきました。ではどういう工法がいいのか、コスト面ばかりが大きくなっては何の意味もありません。ユーザーに負担がかかるばかりです。
今日では、多くの住宅メーカーが、「免震工法」を初め、「RC工法」(鉄筋コンクリート)、「S造」(鉄骨)等の工法を、あたかも家造りに欠かせない工法として宣伝しています。それは何故か?一般ユーザーには、実際にどの位のコストがかかるのか判りにくいため、坪単価を高く設定出来るからです。確かに一定の強度を高めるために、多少のコストはやむをえません。しかし、コスト以上に利益率を高く設定出来るという事も忘れてはいけません。
昨今、メディアも東日本大震災がおきてから、地震の事を毎日の様に取り上げています。先程いいました工法を売りにしているハウスメーカーにとって、ユーザーが地震に対して、過敏になればなるほど、格好の餌食と考えているでしょう。住む人の健康、安心して住める家の事など大げさに言えば何も考えていないのです。
当社は、日本人にとって一番住み心地がよく、健康面を考えたら、木造住宅が一番と考えています。しかも、日本のムクの木材をふんだんに使用する日本の伝統文化である木造軸組工法にかなうものはありません。しかし、今日では住み心地、健康の他に安心して暮らせる家が求められています。そこで、当社が目に付けたのが、制震住宅です。耐震工法、制震工法を取り入れる事によって出来た「制震住宅」。地震の揺れを約1/2に軽減することは、実験データから実証済みです。当社では新築住宅ごとに「比較振動解析評価」を作成し、軽減率を判りやすくしています。「人命を守る」だけでなく、建物の揺れを減らす事によって、建物自体の傷みを最小限にする。しかも住宅価格が驚きの価格で提供出来るのです。これこそが家を建てようとする皆様が、求めていた住宅ではないでしょうか。21世紀の時代に安心で、住み心地のいい家、しかも安心価格を求めるとしたら、是非「21世紀の家」のファンになって頂けると幸いです。

耐震工法、制震工法を取り入れる事によって出来た「制震住宅」

会社概要

名称 株式会社 21世紀の家
住所 〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬5丁目11-5
TEL 053-475-3111
FAX 053-475-3112
営業時間 9:30~18:00  定休日:水曜日・隔週土曜日
代表者 花田 初男
設立 平成19年10月1日
資本金 1000万円
従業員数 5人
施工エリア 静岡県 県西部
施工実績 年間18棟
対応工法 木造軸組、重量鉄骨
対応リフォーム工事 総合リフォーム、外構工事
免許番号 建設業許可番号:静岡県知事許可(般-25)第037828号
住宅あんしん保証加盟届出番号0041136
JHSビルダー登録店 第87765号
東海優良住宅認定登録店 会員番号 J-0053-02-106
JHOP(住活協)認定登録店
林野庁地域木材住宅施工業者認定登録店 登録工事業者番号 22-0015651

沿革

21世紀の家 事務所
平成19年10月1日 21世紀の家 設立
平成25年12月3日 「株式会社21世紀の家」に商号変更

案内図


大きな地図で見る
↑ページの先頭へ